DORA



fuckyeahbehindthescenesからリブログ
fuckyeahbehindthescenes:

The language spoken by Leeloo was invented by director Luc Besson and further refined by Milla Jovovich. By the end of filming they were able to have full conversations in this language.
The Fifth Element (1997)

fuckyeahbehindthescenes:

The language spoken by Leeloo was invented by director Luc Besson and further refined by Milla Jovovich. By the end of filming they were able to have full conversations in this language.

The Fifth Element (1997)

videocookiesからリブログ
lameust:

neutralrnilkmotel:

2sugoi4u:

is this a common american occurrence?

Yes

 

lameust:

neutralrnilkmotel:

2sugoi4u:

is this a common american occurrence?

Yes

 

(元記事: videocookies (yayoinbassから))

robotcosmonautからリブログ
heykittysweetyからリブログ

amiens2009からリブログ
現在の艦船攻撃用兵器は、昔の重装甲でシステムが単純な軍艦を撃沈するためではなく、現在の軽装甲でシステムが複雑な軍艦を機能不全に陥らせることを前提としている。しかも、兵器価格は上昇し、かつての大砲のように気軽に何百発も撃てるようなものでもなくなった。一方で、タンカーを中心とする商船は防御力強化に努めてきた。これを傍証するのが1974年、東京湾で衝突炎上して漂流した「第十雄洋丸(43723総トン)」を海自がなかなか撃沈出来なかった事件である。海自は第十雄洋丸を処分するために、72発の5インチ砲を撃ちこみ、対潜哨戒機から9発の150キロ爆弾と9発の127ミリ空対地ロケットを命中させ、その後、潜水艦から二発の魚雷を命中させたが、右に7、8度傾いただけだった。このように、現在の兵装で艦船を撃沈するのはきわめて難しい。撃沈を前提としなくても、戦争を決意した国家が対艦用ミサイル・魚雷を商船攻撃に、どれだけ本格的に振り向けられるか難しく、嫌がらせ程度が限界だろう。このように、「現在の船舶の頑健性と対艦兵器の限界」を考えれば、シーレーンを途絶させることは難しいと言える。 食料自給率はゼロでもかまわない:安全保障の観点から 站谷幸一 : アゴラ (via amiens2009) (via yamo) (via sierra7) (via yamarena) (via otsune) (via gkojax-text) (via ume-maki) (via edieelee) (via kitutuki) (via koutetubantyou) (via petapeta)
onlylolgifsからリブログ
ginzunaからリブログ
 もうひとつ、お風呂の中で不覚にも泣いてしまった場面があった。それは赤塚先生が人気絶頂の頃、時は1973年。「少年マガジン」に連載中だった『天才 バカボン』の出来上がったばかりの原稿を、編集担当者の五十嵐さんがタクシーの中に置き忘れてしまう。売れっ子の先生だからもう〆切はギリギリのギリギ リ。編集者も徹夜徹夜で付き合ってるからそんな一大事も起こってしまうのだろう。どのタクシー会社だったかも判らず、顔面蒼白になって謝りに戻って来た五 十嵐さんに、赤塚先生はこう言った。「まだ時間はある。飲みに行こう!」。そして酒場に行ってもギャグを言い続け、意気消沈している五十嵐氏を励まし続け たという。

 やがて朝になり飲み屋から戻ると、「大丈夫。ネーム(吹き出しの中に書いた台詞やト書き)が残ってるからもう一度描ける」 と、先生はもう一度ペン入れを初め、再び同じだけの時間かけて仕上げる。そして五十嵐さんに手渡すのだが、その時の台詞が素晴らしい。「二度目だから、 もっと上手く描けたよ」。TV等で良く見た、あの笑顔が眼に浮かぶようだ。これだけ書くと、底抜けに優しい人というイメージかもしれない。けれど僕はそれ だけじゃないと思う。赤塚不二夫は、モノを作る苦しさも楽しさもすべて知り尽くしていた。また、それが決して自分だけの力で成り立っていないことも知って いたのだ。

毎日jogjob日誌 by東良美季 : 8月10日(火)赤塚りえ子・著『バカボンのパパよりバカなパパ』

2010-10-29

(via mcsgsym, ginzuna) (via idatensho) (via plasticdreams) (via kitutuki) (via motovene) (via daizydaizy)

b-bender-teleからリブログ

アフリカが受け取った5000万ドルは軍事クーデターや内戦の資金となり、特にジンバブエは受け取った援助15億ドルのうち13億ドルを武器弾薬に使ってしまったという。

80年代のエチオピアに飢餓をもたらしたのも内戦で、外国から受け取った18億ドルの援助のうち16億ドルが武器へと変わった。
その中にはチャリティーコンサート「ライブエイド(LIVE AID)」からの寄付金も含まれている。

痛いテレビ : 困っている人たちを助けているという錯覚 (via adamas2) (via yaruo, b-bender-tele) (via quote-over100notes-jp) (via asagaonosakukisetu) (via dutzche) (via xlheads) (via andi-b) (via yellowblog)
chicqueloからリブログ

(元記事: chicquelo (yellowblogから))

rilakkumagifsからリブログ
rilakkumagifs:


Made the gif; source animation here.

rilakkumagifs:

Made the gif; source animation here.

(lechatonから)

licoricewallからリブログ

licoricewall:

トリンドル玲奈 (Reina Triendl): MUSEE PLATINUM - ad graphics 2012 & 2014

(fycawaiiから)

sizvideosからリブログ
zerostatereflexからリブログ
owenhartofficialからリブログ

kaheigohei:

0wenhart:

Favourite Director/Actor Collaborations: Kurosawa/Mifune

Between 1948 and 1965, Akira Kurosawa directed 17 films. Of those 17, Toshiro Mifune starred in all but one. While the two had a falling out after the filming of their last collaboration, Red Beard, their mutual respect for one another remained intact until the end. 

Kurosawa has this quality, this ability to bring things out of you that you never knew were there. It is enormously difficult work, but each picture with him is a revelation. When you see his films, you find them full realizations of ideas, of emotions, of a philosophy which surprises with its strength, even shocks with its power. You had not expected to be so moved, to find within your own self this depth of understanding.
        — Toshiro Mifune

I am a person who is rarely impressed by actors, but in the case of Mifune, I was completely overwhelmed.
        — Akira Kurosawa

http://0wenhart.tumblr.com/post/56765609410/favourite-director-actor-collaborations

(元記事: owenhartofficial (e-tagから))

my-sexy-girls-blogからリブログ
my-sexy-girls-blog:

Luv Hot non nude babes? Visit this amazing Blog